Webデザイナーが年収とお金と仕事について…(´・ω・`)

1999年よりWeb制作をはじめる30代のデザイナー。 ブラック会社勤務、残業100時間、ワーキングプア、リストラ、うつ病、不眠症などを経験。幸せなワークライフバランスを求めて。

EXD44のキンコン西野の番組をみて。なぜ1つの職業にしぼらなきゃいけないのかわからない。

橋下×羽鳥の新番組(仮)が好きで(予約録画までしか見るようになった)ついそのままその次の番組をみてしまった。おかげで毎回月曜から夜更かしを見忘れる(割と好きなのに)

昨日は「#12 キングコング西野がネット住民と直接対決!「会って話そうぜ!」」で、Twitterで辛辣なツイートをしてくる人とリアルに対話するという企画だった。

www.tv-asahi.co.jp

内容としては「芸人か絵本作家がどっちかはっきりしろ」という内容で、
最後は「芸人やめて絵本作家になるよ!」みたいな感じになったけど、
キンコン西野もいっていたけど
「どっちかじゃないとダメなの?俺はそれでいいと思っているのに」と言っていた。

ゲストの東国原英夫も「政治家かタレントかどっちなんだとよく聞かれる。2択なんだよね」といっていた。

彼らが言うのは「芸人=TV出ている」というもので、
キンコン西野はライブはやっている、絵を書いて古典のあとライブ告知して動員も増えている、それじゃダメなのか、と言っていた。

なぜ1つの職業にしぼらなきゃいけないのか。私もわからない。

厚切りジェイソンも1つに絞らないといけない理由がわからないといっていたぞ。芸人になるにはほかの職業捨てないといけないのは違うって。

彼らがいうには片方が片手間になる=職業ではない ということなのかな。
でもどっちかです!っていうこともないよね、自由だよね。

デザイナーやりながら大工やったっていいし、主婦しながらプロブロガー目指したていいわけで。
確かにどっちか1つ集中のほうがよりできるかもしれないけど。

なんだか1つにはっきりしろという空気は確かに世の中あるなーと思いました。
そういうのも自由だと子供の頃に教えてくれる人、いないよね。

キンコン西野は最後は「ただどっちなの?という純粋な疑問なんだろうなぁ」と言っていたけど、確かにそうだね。気持ちはわかる。

でも最後は芸人やめますまで言っちゃった。

どっちもやりたいなら、両方続けますと言って欲しかったな…

追記。ブログ更新されていた。そうだよね、ブログくらいもってるよねー

lineblog.me

広告を非表示にする