Webデザイナーが年収とお金と仕事について…(´・ω・`)

1999年よりWeb制作をはじめる30代のデザイナー。 ブラック会社勤務、残業100時間、ワーキングプア、リストラ、うつ病、不眠症などを経験。幸せなワークライフバランスを求めて。

今週のお題「今の仕事を選んだ理由」

f:id:happywebdesigner:20150417174533j:plain

写真:フリー写真素材ぱくたそ

私はWebデザイナーすが、学校を卒業したてのときは目指すつもりはありませんでした。

仕事につく前から、家でもいろいろと勉強していましたので、実際自分で調べて学んだり作ってみたりしたのが18(1997年)の頃、
実際この職業を目指したのは24くらいのとき、ちゃんと働き始めたのが26のとき、
今が37歳なので、商業のWebデザイナーになって10年以上過ぎました。

インターネットが好きだったから。

選んだ理由としては、やはり、これですね。

私が社会人になるとき、世の中はインターネットが一般家庭に入りはじめたころで、これからどんどん伸びていく時期でした。
とにかく面白い。毎日チャットやメッセンジャーで話したり、ホームページ(笑)を作ったり、Photoshopで写真を加工してアップしたり、調べ物をしたり、
とにかく楽しかった。
楽しすぎて、仕事でも関わりたくなった。

ものを作ることが好きだった。

1→2にするより、0→1が好きでした。
部屋の模様替えをしたり、料理をしたり、編み物をしたり、
ないものを作り出すことが、小さい頃から好きだったのです。

絵を描くことが好きだった

小さい頃から絵ばっかり書いている子だった。

デザインに興味があった

絵が好きなことから始まりましたが、ビジュアル的なものはとても興味がありました。
素敵な表組みやグラフみると興奮しちゃう笑

どんな環境の人にでも伝えたいように伝えるよう考えるのが好き

デザインならDTPもあるのですが、私はWebでした。
インターネットが好き、というのもありますが、
いかにたくさんの人に思うように見せられるか考えるのが喜びだったので、Webデザイナーでした。

誰でも見たままな印刷物(距離や明るさや紙質などありますが)ではなく、
遠く離れた、どんな環境の人にも伝わるよう、考えるのが好きだったんですよね。

試行錯誤して作るのが、やっぱり好きなんです。

 

 

と、久しぶりのブログだった!

書きたいネタはたくさんあるのですが、文章にするとなかなかまとまらないのです。

訓練が必要ですね。
誰も楽しみにしていないお金にもならないこんなブログに、たまにつらつら思ったことを書こうと思います。

で、はてなブログの、今週のお題「今の仕事を選んだ理由」でした。

広告を非表示にする